ホーム > タグ > TERAKOYA

TERAKOYA

VMD協会のTERAKOYA

  • 2013-07-03 (水)
  • VMD
  • 作成者:it

知っている人も多いと思いますが、日本VMD協会ではいろいろな活動を行っています。その活動は主に理事が担当を持って企画から実施までを行います。私が担当しているのは「TERAKOYA」という会員&一般の勉強会です。

先週の金曜日に第12回 [未来店舗の出来るまで] を開催しました。ディスプレイデザインのプロセスをお話し下さったのはノムラディオの山田祐照氏でした。その報告レポートは日本VMD協会HPにアップされています。 http://www.javma.com/

VMDの勉強会って本当に少ないですよね。もっともっとVMDのプロフェッショナルが増えるとお店が魅力的になって、買物がワクワク楽しくなって、街も活気づいて、みんなHAPPYになるのに。・・・といつも思います。

山田さん流に言うと、「デザインと数値が見合った売場」ですね。

 

JAPAN SHOPセミナー

9日から、東京ビッグサイトで「JAPAN SHOP」が開催。

この写真は、VMD協会(日本ビジュアルマーチャンダイジング協会)の会員が毎年担当するウエルカムプレゼンテーションです。今年は㈱息吹工芸社の寺嶋 覚氏と渡邊世志治氏がデザイン/施工をされました。

表題のセミナーは、VMD協会が開催初日に恒例になっているセミナーです。

今年のテーマは「ブランディングに於けるVMDの本質」。講師は海外のお仕事が多いクリエイティブディレクターの官浪辰夫氏でした。官浪さんはVMD協会の「TERAKOYA」で講師をお願いしたこともあり再会できるのが楽しみでした。

(ちなみに「TERAKOYA 」は、まさに江戸時代の寺子屋に倣い、VMD協会員のためのVMD研究と発表の場です。詳しくはVMD協会サイトをご覧下さい。http://www.javma.com/)

で、今回のセミナーも官浪さんのグローバルな仕事からブランディングとVMDを語って頂きました。

特に印象的だったのは、異質な文化融合から創出されるブランディングでないと世界に通用しない ということ。日本がガラパゴス化しないために、多様な発想や対立する思想を受け入れよう!とおっしゃっていました。’80年代の男性だけで仕事をする日本と、同じ席で女性が活躍するアメリカの違いを例にした話は、2010年の今もあまり変わっていないなぁ、と思いました。

また、ディビット・A・アーカー博士の「ブランドエクイティ戦略」にもふれて、「ブランディングは無形の価値(無形資産)をつくりブランド試算表のように計算によって示すことが出来る」とも。

VMD活動は企業のブランディングを創る活動ということが出来、企業トップはブランディング戦略の一つとして位置づけることが必要なのではないでしょうか。是非そうなってほしいものです。

Home > タグ > TERAKOYA

フィード
メタ情報

Return to page top