ホーム > タグ > GW時期のVMD

GW時期のVMD

母の日までの5月商戦は?

  • 2012-05-14 (月)
  • VMD
  • 作成者:it

ゴールデンウィーク(以下GW)前に東京は新商業施設が続々オープンしました。新しい商業施設内のショップは好調のようでした。しかし、全体的には天気が雨続きだったこともあり思ったように売上がとれていなかったようでした。皆さんのお店はどうでしたか?

私も先週はGWの取り返しをすべくギャップ対策を組立て、それを実施する一週間となりました。カジュアル専門店もメーカーブランドも百貨店もです。それぞれ具体的な対策に違いはありますが、やっと気候が暖かくなり実売の体制になって商品の動きが見えてきたので、先週1週間の対策としては「一気に夏をつくる前にもう一踏ん張りの主力アイテムの消化アップ」です。例えばデニム/ダンガリー/シャンブレー等のシャツは羽織としてのコーディネートにして見せて売切るとか、長袖の布帛OPも前を開けて羽織にコーディネートして売切る作戦です。もちろん夏の商品も展開しますが最終消化アイテムを選んで仕掛けることも大切な週なのです。

百貨店の対策は、母の日が昨年と違ってGWから一週間後だったのでとにかく「母の日ギフト強化」でした。連休に続く母の日と連休一週間後の母の日では商品の展開が違います。今年のようなカレンダー時には、GWでは自家需対応で値ごろ商材を初夏のイメージで展開するのです。そしてGW明けの一週間で母の日ギフトの最終強化です。部門や商品によって違いますが共通しているのはギフトとして切り口の分かり易さです。

百貨店側のポイントアップ等の企画もあり、今日の報告で「ギャップの対策が成功しGWの負けの取り返しに成功!更に貯金もできました。」今月の折り返し地点としてはホッとしています。

予算の高い時に達成出来ると販売スタッフも嬉しさは倍増(もちろん私も)、自信にも繋がります。やはり一番のモチベーションアップは売り上げ達成ですねー!

ゴールデンウィークの作戦は出来ていますか?

  • 2010-04-26 (月)
  • VMD
  • 作成者:it

どのお店もゴールデンウィークに向けた売場づくりが出来ていると思います。

あなたのお店は26日からの2週間を(婦人ミセス向けは母の日迄を)どのような作戦でいきますか?

2週間の予算と、各自の目標金額/目標枚数、またフォーメーションによる役割などは当然決まっていることでしょう。

VMDとしては、①在庫の見極めは出来ているか ②売りたい商品の奥行きは充分か ③商品グループのゾーニングは的確か、④計画に合わせたMP(マーチャンダイズプレゼンテーション)は出来ているか、等のチェックが必要です。

何が売れて何が残っているのか、特に計画とのギャップがある商品をチェックします。その商品は春商材か初夏商材か、新しいカセットに差し込んで売れるのかストックに引くかを決めます。春商材でも消化を上げたい商品は、この時期を逃すとなかなか売りにくくなりますから、品番を解体しカラーをバラバラにして上手にカセットに差し込みます。

そして、何を見せて(お客様を引きつける商品は?)何を中心に売るか(売上げの核になる商品は?)が決まっていることが重要です。

ゴールデンウィークに向けて投入される商品は特にVPや前面でアピールしますが、その商品グループの中でも何を一番売っていくか分かっていることが必要です。「お客様の判断任せで〜す。」では困りますね。

売りたい商品にしっかり視線が向けられることや買上率が上がる事はVMDの手法で仕掛けられます。

例えば、視認率が20%から30%に上がると、増減でいうと50%増ですから、それまでよりも150%の確立で見てもらえるということです。VPの魅力やゾーニングの的確さはお客様の滞留時間にまで影響します。そして滞留時間が長くなれば、買上率は確実に上がるのです。案外、売上げの核になっている商品への誘導が上手く仕掛けられている売場は少ないものです。ということは、もっと売上げを上げるのりしろがあるということです。

再度通路から見て、自店が魅力的にお客様を引きつけられているかチェックしましょう。

売場内は、陳列の商品グループのゾーニングが的確か、それぞれのカセットの中心商品が売れる陳列になっているかをチェックしましょう。

Home > タグ > GW時期のVMD

フィード
メタ情報

Return to page top