ホーム > タグ > 滞留時間

滞留時間

買上点数を上げるには

  • 2010-05-18 (火)
  • VMD
  • 作成者:it

某スポーツアパレルのモデルショップVMD再構築を行っています。

レイアウトの見直し、VMD店頭ルールの変更を行い、まずはショップの回遊性を上げて滞留時間をアップさせました。滞留時間が長くなると買上率は上がりますからね。そして更にゴールデンウィーク対策を顧客販促と連動したところ、しっかり計画予算を達成しました。

買上点数は売場の努力で上げる事が出来ます。接客だけでなくVMDでもかなり貢献できるのです。これも「VMDは接客アシスト」と言われる理由の一つです。

客単価=買上点数(←動線長×立寄率×買上率)×商品単価  ですから、たとえ20坪程度のショップでも、どれだけ店内を歩いてもらえるかを考える事は必要な事です。レイアウトを的確にすることで誘導性が高まります。するとたくさん歩いてもらえるので滞留時間が上がり、たくさん商品を見てもらう機会が増すので買上率も上がるのです。商品の配置や商品グループの関連づけを考慮し、マグネットになるPPを設定して立寄率を上げ、売りたい商品を容易に見つけてもらう仕掛けをつくるのです。

また、買上点数アップにはプロモーションや顧客販促からのアプローチも大変重要です。顧客をねらう時期なのか、流動客の囲い込みなのかで手法が違います。お客様をセグメント分けしターゲットに合わせて4P(Product-Price-promotion-place)を組み立てます。このブランドのプロモーション担当者はさらに設定できるものはProfitまで計画していました。(5Pですネ!)

行き当たりばったりや、綺麗に売場を作るだけでは到底予算達成はむずかしいのです。このような組み立てができ、空間のデザイン力があって、しっかりと実践が出来るのがVMDのプロフェッショナルです。

Home > タグ > 滞留時間

フィード
メタ情報

Return to page top