ホーム > タグ > 数値ギャップ対策

数値ギャップ対策

仕事のやりがいはこれですよ!

  • 2010-03-31 (水)
  • VMD
  • 作成者:it

先週VMDクリニックをした百貨店のメーカーブランドから、予算達成の報告がありましたー!!月末にあるポイントアップにむけ、老舗百貨店の顧客に遭わせたグルーピングとゾーニング、そして実売期のフェイシングが功を奏しました。

狙った予算を達成するVMDには、店長/スタッフとの事前のミーティングが欠かせません。その際、販売計画書をもとに情報のやりとりを行い、数値をベースに課題の本質と編集の切り口を探っていきます。VMDを「ディスプレー」としてオペレーションをしている企業には、「数値と売場をつなぐVMD」が無い為にこの部分が経験や勘だけの会話で済まされることが多く、予算達成の為のVMDが実施されていません。

ショップ店長は予算の把握と商品の動向など、企業のVMD担当者は生産〜投入計画(状況)の情報を出し合って、計画とのギャップの原因を数値で確認します。VMDを受け持つ私は、MDサイクル(販売サイクル)と在庫や商品動向・投入計画・館の販促企画などから最終的に店頭フェイスにメリハリがつくように組み立てていきます。「仕掛けて売る」とは、数値目標達成や数値ギャップ対策をVMDのフレームワークを使って組み立てて、その組み立てた仮説をVMDのスキルを使って実施することです。

VMDディレクターは、月売りに向けての山を狙っているのか、最終の予算達成を狙っているのか、何を目的としているのか、そして他にどのような代替手段があるのかを組めなければなりませんね。(今後ワークベンチでは「これからのリアル店舗における、効率性の高いVMD」のセミナー実施を考えています。乞うご期待!)

それにしても、売場からの予算達成の報告は本当に嬉しい!一番頑張ったのは売場の店長・スタッフです。頑張ったね。達成おめでとうございます。

Home > タグ > 数値ギャップ対策

フィード
メタ情報

Return to page top