ホーム > タグ > 店頭在庫

店頭在庫

寒さに負けず

  • 2010-04-22 (木)
  • MD | VMD
  • 作成者:it

久しくブログを更新していませんでした。このブログを気にして見て下さっている方々ごめんなさい!

昨日の夏日から一転、今日はまた冬の寒さです。どーなってるの? ですねー。

さて、ショップのVMDクリニックをする時、FAには「投入と販売動向に沿って自ら売れるゾーニングとフェイシングを編集する事が出来る」ように一緒に売場を作っています。特に当社はプロパー消化率にこだわりVMDの組み立てや陳列手法も商品サイクルにあわせてマニュアルを作っていますし、「プロパー消化=利益は売場から生まれる」と考えているので要は在庫内容の見極めをFAスタッフと行い作業を進めているわけです。

・・が、これは前提となる投入のタイミングが計画に合っていればこそできることです。

今春はアパレルで多かった問題の一つに、中国の生産工場の遅れで商品が上がらず、店に投入される時期がズレた為に計画的なMDの回しが出来なかったという事があります。MDやVMD担当者と急遽カセットの変更や編成変えをして対応しましたが、このズレは初夏の計画ばかりか盛夏にまで影響が出そう。

これは売場がどんなに力があっても、大変きついことです。なぜなら売場は生き物ですから。

売上げ・利益率は店頭在庫内容の良し悪しにかかっています。シーズン在庫の計画に合っていなければ売れるタイミングを逃してしまいます。在庫量を減少させるというのは、売場が消化率を上げ、在庫回転率を上げることです。それは利益率を高めることを意味しています。すなわち、店投入タイミングのズレは利益に影響します。

ただ、「どーなってるの?この寒さ!」にだいぶ助けられているように思うのは私だけでしょうか。今日みたいに寒いとレザーJKや羽織ものがあってもヘンではないし(もちろんホットエリアにではありませんよ)。今週はゴールデンウィークに向けた作戦を立てて売場をつくる週ですが、明日あさってもそこそこ寒いようなので、この2〜3日は整理期の春商材でまだ売れるものは少し多めにピックアップしてカセットに差し込んでおきましょう!

ブログ開始します。

  • 2009-12-25 (金)
  • VMD
  • 作成者:it

ワークベンチの得意とするのは「MDとつながるVMD=プロパー時の消化率を上げるVMD」ですので、その視点から店頭のVMDに関することを発信していこうと思います。

さてさて、この不況のなかクリスマス商戦に入りましたがセールの前倒しや還元セールが始まったところも多いようです。あなたの売り場はいまどうなっていますか?

セール前にどうしても売りたい商品、セールになれば売れると思う商品の見極めは出来てますか。もちろんストック在庫も含めて見極め決めなければなりません。

それによって売り場の作り方が変わってきますよ。

在庫が多く残っている商品は単品力が弱いわけですから、引っ張ってくれる商品が必要です。自分の売り場でその品番を(又はアイテムを)引っ張ってくれる商品を探しましょう。カラーも同様に在庫を見ると偏って残っているはずです。そのカラーはどのカラーと合わせると新鮮に生き返るのか考えて下さい。きっと売り方のヒントがつかめるはずです。

Home > タグ > 店頭在庫

フィード
メタ情報

Return to page top