Home > アーカイブ > 2011-05

2011-05

震災から2ヶ月がたちました

昨日で3月11日の東日本大震災から2ヶ月がたちました。

被災された皆様及び、災害の影響を受けた皆様に、心よりお見舞いを申し上げます。

私は被災地に親族がおり、母を引き取り生活が一変しました。実家は建て替えが必要な状態です。

妹家族は幸い全員無事でしたが家が津波で全壊。津波が来たエリアは今後の再建計画では公園ゾーンや工場地区などになるかもしれないということで家に手をつけられず、アパートに暮らしの拠点を移しました。避難所暮らしは一ヶ月以上に及びました。

ゴールデンウィークで実家の片付けに行った際、妹も手伝いに来て感動の対面でした。明るく元気で安心しました。会話の内容は家族のことはもちろんですが、津波の直後から情報が入らなくなったこと。津波の後のヘドロにつかりながら義母と犬を探しに行ったこと。先ず必要だったのはガソリンだったこと。暮らしていた家での普通の暮らしが二度と無いという思い。(教師なので)被災した生徒やその家族のこと。津波にやられた地域とそうでない地域の生活の格差がでていること。石原軍団が支援活動に来て元気をもらえて、著名人は被災者の免疫力を上げることができる(=元気にできる)ことが実感できたこと。等など、生々しい話でした。

母の介護のことや、り災証明などの諸々の申請などやらなければならないこともあるのですが、とりあえずやっと周りが落ち着き始めホッとしているところです。

・・・なので、ブログ再開です! また宜しくお願いいたします!

Home > アーカイブ > 2011-05

フィード
メタ情報

Return to page top