Home > アーカイブ > 2011-01

2011-01

明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

今年はこの何年か言われ続けてきた「時代の変わり目」の、本当に動きのある年になりそうです。

この10年、マーケットの変化に合わせてディマンド型(実需型)経営と短サイクルのMD(マーチャンダイジング)の仕組みが整ってきました。しかし売れるものを追求するあまり、ブランドの同質化が進み、更には海外のSPAの影響でデイリーな服は低価格になっています。

消費者のファッションの買い方が本当に変わりました。お気に入りのブランドの服とH&Mなどのファストファッションの服をミックスすることはもはや当たり前、それにヴィンテージをプラスし、ネットで掘り出し物を探して購入し、世界も注目する「東京ミックスSTYLE」です。

感性がとんちんかんでは、この時点でどんな商品を作っていいかも分からないでしょうね。賢い消費者はブランドの目的性と専門性を見分けています。ですからブランドやショップは買い分けされる店舗の候補に上がることが必要なのです。難しい時代ですが、やらなければならないことは実にシンプルなのですよ。その新しいフレームワークをつくりましょう。それをやるのが今年です!今年はふるいにかけられる年です。共に頑張りましょう!

私は今年に入って、早々にメーカーブランドの最終カセット組みをしました。戦略に沿って構成比率を上げるカテゴリーや新規のカテゴリーなどを時系列に何層かに組み、売りたい商品を階層化して行くのです。この時系列軸と階層化の組立てが店頭VMDオペレーションのプロセス管理です。実際にやってみないとよくわからないかもしれませんが、シーズンの途中での修正や変更がし易くなります。売上の落ち込みを極力少なくするやり方の一つです。

Home > アーカイブ > 2011-01

フィード
メタ情報

Return to page top