Home > VMD > 定量化しづらい価値

定量化しづらい価値

  • 2013-07-22 (月) 18:00
  • VMD
  • 作成者:it

ショップのOPEN時やシーズン立上がりのVPで人に与えられるワクワク感、

新商品のカセットや再編集など切り口や新しい価値軸を訴求することで与えられるワクワク感。

このワクワク感のような定量化しづらい価値を生み出すことがVMDの役割の一つとよくいわれます。

しかし、このワクワク感だけでは売上を上げられるかどうか分からないので、VMDの外部契約を社内に通すのが難しいのです。自社内を説得出来る人も少ないですし、ゴーサインをもらう事に労力必要ですしね。

その点プロダクトは比較しやすいし良さが分かりやすいために社内でも企画が通りやすいのだと思います。

日本はVMDの地位が低いというか、組織的な活用がされていることが少ないので、VMDの外部契約は最終的にトップ判断。トップのデザインやVMDに対する理解によるところが大きいのです。

VMDプロフェッショナルチームと外部契約をするメリットを考えてみました。

1 VMDに関して時代性を取り入れた新しい知識&スキルの習得

2 MD〜生産〜販売まで一貫した流れができる(=ボトルネックがどこにあるのか客観的にわかる)

3 ロスやダブりなく効率的に利益が上がる(=店頭在庫運用のVMDオペレーションによる)

4 自社内のVMD担当者がプロのレベルに育成できる(=市場価値として判断される)

5 企業文化としてVMDが根付くことでブランディング(=競合との差別化)ができる

などはすぐに思いつくことですが、

一番は「お客様にワクワク感を与え続けられる!!」  やっぱりこれでしょう。

 

 

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://blog.workbench.co.jp/2013/07/601/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
定量化しづらい価値 from workbench ltd. blog

Home > VMD > 定量化しづらい価値

フィード
メタ情報

Return to page top