Home > MD | VMD > 専門店のプロパー消化率

専門店のプロパー消化率

  • 2011-08-05 (金) 17:04
  • MD | VMD
  • 作成者:it

今週2日の繊研新聞第1面に『「変わる専門店の収益モデル」プロパー消化率高めて粗利確保』と言う記事がありました。これはもう何年か前から変わっているのです。

ユナイテッドアローズはドレスラインとカジュアルラインの店舗を分けて、ライン内でのライフスタイルを多くするMDを構築しました。カジュアルチェーン専門店はライフスタイルを模索し雑貨やアクセサリーの展開を強化し始めました。

特に専門店は低価格で品揃えの幅を広くしカジュアルスタイルを提供して、お客様から買い易さと買物の楽しさに共感を受けてきました。店舗数が多くなりチェーン化していくと、チェーン化の大原則でもあるのですが、ローコストで効率良い品揃えや提供の仕方(標準化)を考えなければならなくなりました。

効率を追求していくと当然MDは絞り込まれますが、店頭は代わり映えしなくなり新鮮さに欠けてきます。そこでMDカレンダーの計画が必要になります。計画の可視化です。売場では「常に新鮮に見えること」と「主力商品(今何を中心に売るか)や補完商品を明確にしてプロパー消化を上げていくこと」が同時に求められているのです。効率よく商品の回転を上げられる店頭在庫運用の仕組みがオペレーションの中に必要なのです。これは組織で取り組むVMDに他なりません。「MD/生産と店舗をつなぐVMD」と、私がいうブランド独自の標準化(スタンダード)ルールのことです。

さらに加えるならば、店舗の店長はじめスタッフの遂行する力が高くないと出来ません。お客様との唯一の接点を持つアンカーが高水準なこと。お客様はお店の有り様とスタッフの行動をとおして商品を見て買っているのですから。

プロパー消化率といってもレジでの割り引きもプロパー扱いになっていると思われますから、粗利益を確保していくことは本当に難しいのです。ですから完全実行の陰にはまず標準化(スタンダード化)と全体フローの理解、次に個々の職務役割の理解とスキルアップトレーニングが必要です。ブランド全体でそれが出来た時に全員参画のVMDシステムが出来ると思っています。それはかなり高い企業水準です。いま私もそれに取り組んでいます。本当に真剣に取り組んでいるのです。MDの強さで成長してきたカジュアル専門店の次のステップとなる為に。

ちなみに食の世界のVMDもかなり進んでいて、RF1を展開する(200店舗超)株式会社ロック・フィールドは標準化とトレーニングが出来ているという意味で高水準企業です。

200店舗の店頭陳列の美しさ(デザイン)と商品効率の高さは個人の創意工夫ではなくシステム化の賜物なのです。

 

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://blog.workbench.co.jp/2011/08/363/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
専門店のプロパー消化率 from workbench ltd. blog

Home > MD | VMD > 専門店のプロパー消化率

フィード
メタ情報

Return to page top