Home

workbench ltd. blog

ブログを再開します!

ブログを再開いたします!

ブログをお休みしていた間に、テクノロジーの進化と人々の消費変化が進みました。

昨年はその変化が大きな年だったように思います。その変化に即応出来るようにいろんな人に会い、ネットワークと知見を広げて次のフェーズの模索をしていました。

個人的な方向としては、MDの実践としてのビジュアルマーチャンダイザーに変わりはありませんが、アパレル以外の業種拡大や、テクノロジーを使ってサービスを提供している企業とのコラボ、コンテンツのまとめなどを通して、やっと仕事がみえてきました。

このブログにも新しいVMD視点を載せていきますので期待して下さい。

 

 

ビジネススクールでVMD

昨日、一昨日は18:30からIFI ビジネススクールの「VMD研究/MDの実践」を講義しました。

マーチャンダイザー、バイヤー、ディストリビューター、販売マネージャーの職種の人達が、半年で新規事業計画、MDの組立て、在庫管理、VMDなどを体系的に学ぶ、社会人のためのプロフェッショナルコースです。

そのVMDの授業を受け持っています。

百貨店、メーカー、専門店ブランド、etc…..、企業人が生徒さんなので、しかもすでにそこそこプロなのでグサッと入る内容にしないとダメなわけですよ。だからこちらも真剣ですね、やっぱり。

最新情報や数値も入れながらVMDはMDと連動しないと売上が上がらないよーとお話ししてます。

この時期はSALEが始まっているブランドも多いのに、ちゃんと出席するのは流石です。

会社がお金を出してくれて、各分野のプロから最新情報を教えてもらい、他の会社の人と意見交換ができるなんて本当にかけがえのない時間なんだよと、言いたかったです。

皆んな頑張れ〜〜❗️ って応援したくなります。

ブランドの強み

  • 2017-07-04 (火)
  • VMD
  • 作成者:it

VMDはそのブランドの強みを知らないと、表現にたどり着きません。

メーカーにはいくつものブランドがあり、VMDの担当者がいたり、企業によってはVMDチームが全ブランドを通して活動していたりします。

売り場も見た目が大事!なので、カッコ良くVPすることは不可欠ですね。これも、そのブランドのコンセプトにあった表現が出来ているか、ターゲットはズレていないかなどポイントはあります。

……しかし、それ以上に「売れるための商品回しの仕組み」が大切。

そして、これを構築できるビジュアルマーチャンダイザーの存在が決め手になると思っています。

自ブランドの強みを生かしたオペレーションルールは必要ですよ^_^

これがわかるVMDerが育つと良いと思っています。

 

1 / 3612345...102030...最後 »

Home

フィード
メタ情報

Return to page top